読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

D6 悔いのないように不育・着床障害検査を受けたい

・Day 6.
・ノアルテン、ソフィアA(1/日)

生理の出血はほとんどない。5個のバイオプシーからもしかしたら正常卵が見つかるかも?と少し期待してしまう。もし貴重な正常卵を移植することになったら万全な状態で移植をしたいと思う。正常卵が無くて、最後の最後に東京の胚盤胞を移植するにしてもやはり同じだ。そんな中で気になっているのは、不育症・着床障害の検査をしていないこと。もしそこに異常があって、貴重な胚盤胞を無駄にすることは絶対に避けたい。検査しようかどうしようかとグルグル考える。

病院によって基準や検査項目がいろいろなようなので、悔いのないよう一番信頼の出来そうな大阪の病院で受けてみようか?2日間グルグ考えていたけど気持ちを決めて大阪の病院に電話をしてみた。日曜に検査出来るといいなと思っていたら、日曜に予約が取れた。どうやらまずは診察を受け、そこで先生と話をして検査の項目等決めるようだ。今の私としてはそこの病院ならば納得出来そう。でも大阪、頻繁に通う事になったら大変だな。異常がなくて検査だけですめばそれが一番いい。