読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

D4 凍結確認

・Day 4.
・ノアルテン、ソフィアA(1/日)
全滅なのかもしれないという気持ちになりながら、神戸に凍結確認の電話をした。
院長先生に繋いでもらうと「5個出してます」と言われ、びっくり。12個の採卵で5個も出せたなんてどういうことなんだろう?ほんとうにただ驚く。
・1回目12個採卵 バイオプシー2個 正常卵無し
・2回目14個採卵 バイオプシー3個 正常卵無し
・3回目16個採卵 バイオプシー0個
・4回目12個採卵 バイオプシー5個 正常卵?
正常卵があるといいんだけど、ちょっと期待してしまう。

この後の予定について院長先生に聞くと、検査の結果で正常卵があれば移植で良いのではないかとのこと。
正常卵があるといいな。正常卵でも妊娠は1/2の確立なので、出来れば複数あると本当にうれしいのだけど。
もし正常卵があれば、大事な正常卵を無駄にしないためにも不育症・着床障害の検査を受けた方がいいのだろうか。正常卵がなかったとしても、東京のクリニックの凍結胚盤胞も近いうちに戻したいし、悔いを残さないためにも不育症・着床障害の検査を受けたい気がする。とはいっても、その検査をしてくれる病院がなかなか無くて困る。大阪に行くしか無いかな?

検査に出せたのはうれしいけれど、着床前診断の費用を想像すると恐ろしい。5個ということは、検査費用は約50万くらい?採卵費用の他に50万とは…厳しい。

広告を非表示にする