不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

D14 採卵

・D14  採卵

抗生物質

ビオフェルミン

ホテルを8時に出て歩いてクリニックへ向かう。8:30受付、トイレに行き、手術着に着替え、9時に採卵室へ。左腕に点滴、右手に血圧計、鼻に酸素チューブを付け、麻酔を入れられて喉が苦しいとおもった次の瞬間には終わってベッドに寝ていた。
腹痛があるけど前回よりはマシ、座薬じゃなくてロキソニンでなんとかなりそう。ということは、あまり数が取れなかったのかな?
痛みをこらえながら寝ていたら、隣の人が採卵から戻ってきた。しばらくするとうめきはじめ、旦那さんが宥めていると関西弁で号泣し始めた。痛みがひどいor空砲だったのかと気の毒に思っていたらそうではないらしい。「初採卵で緊張してしんどかった」から??他にもたくさん採卵待ち&採卵後の患者さんがいる部屋で、大きな声で旦那さんに甘えながら号泣っていうのはちょっと閉口。静かに休ませてほしい。
痛みも大変さも人それぞれだけど、何度も遠方通院で採卵して1人で隣で寝ている私の立場は?
 
その後、出血の確認&診察。先生曰く「予定通り12個」だそう。11時くらいには会計も終わった。
空腹なのでステーキランチを食べ、南京町でシュークリームを食べ、買い物をして夕方新幹線で帰京。