読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

D8 神戸診察日

・Day 8.
・Hmg 450(9日目)
・アンタゴニスト(3日目)
午後の予約が取れたので新幹線で神戸に行った。予約時間ちょうどに受付したものの、呼ばれたのは1.5時間後、やはり日曜は時間がかかるのかな。今日の予約は私は初めての女性医師で、東京で誘発を始めて卵胞が17、8ミリに近づいてきたので早めにきましたと言ったのだけど、誘発を生理前から始めているので先生としてはちょっとやりにくそうな感触。で、「まだ小さいですね」とのことで、卵胞は14〜16くらいの幅のよう。測る先生によって違うんだろうけどまだ小さ過ぎとのことで次は11日(水)となった。そこで採卵が決まれば金曜採卵、小さければ延びるそうだ。月火分の注射を出してもらったのだけど、今回は今までと違ってテイゾー300とガニレスト。これはHmg450で9日間誘発しているからなのかな?今回の誘発に関しては神戸方式じゃないので、もしやまずかったのだろうかと診察後に心配になってしまった。またどっちつかずの中途半端なことをしてしまったような。これで最後にしたかったから、強気の誘発ということなんだけど、吉と出るか凶と出るか…不安。
前回バイオプシー全滅だった受精結果のシートをコピーしてもらったが、見て見ると分割の勢いがなかったようだ。受精はしてるんだけど、その後が元気が無くて胚盤胞にたどり着けなかったように見える。ホットヨガの熱が良く無かったのかな?それとも夫のガンの事でのストレスが良く無かったのか?原因を調べ様が無いのでどうしようもないけどね。
そういえばカバサールを飲んでいなくてプロラクチンが気になるので、正直に「一ヶ月くらい飲み忘れてました」と自己申告して検査をお願いした。結果をみてまた考えよう。

帰りの新幹線までメリメンパークとカワサキワールドで時間をつぶし、玉子焼き(明石焼)を食べ、お土産の豚まんを買った。帰ってからは早速水曜の飛行機を予約。割引で約9千円。

広告を非表示にする