読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

D6 アンタゴ開始

・Day 6.
・Hmg 450(7日目)
・アンタゴニスト
昨日に続き東京のクリニックでエコー。東京の先生のところは13mmからアンタゴを開始するそうで、昨日は卵胞の大きさが11.3mmとかだったので今日の診察となった。今日のエコーでは大きいものは14mm、その下は13mm強だったのでアンタゴ開始。
東京の先生がエコーを見ながら「さすがに以前のような20個コースとはいかなくなってきたみたいだね」とおっしゃった。450でガンガン誘発したら数ヶ月前は卵胞がぐわっと見えていたそうだが、今回はそれに比べると少ないらしい。反応が落ちてきているんだな。それでも年齢にしたらある方だよとは行ってくれたけど、質はやはり年齢なりだからね。厳しいな。

神戸には平均卵胞18mmくらいで行くことになっていて、この分だと予想では日曜の午後に17mm、月曜の午前中に18mmではないかとのこと。月曜の午前中は仕事の都合で難しく午後で神戸の予約を入れていたのだけど、どうしようかな。まだ採卵は決まらないだろうし、月曜の午前と午後で大きな違いが出るとは思わないけど、それよりも月曜まで卵胞の大きさを測る機会がないならば日曜と月曜の違いが命取りになるんじゃないかと心配になってくる。後悔するよりも、3万円余分にかかっても神戸に日曜に行っておいた方がいいよね。昨日の時点では日曜の予約は埋まっていたのだけどキャンセルが出たかな?と慌てて神戸のクリニックのネット予約を見て見ると日曜9時に空きが出ていた。朝イチ、起きるのが辛そうだけどひとまず予約。数時間後に他の時間の空きがないかチェックしてみたら午後の空きが出ていた。9時よりも午後の方が卵胞的にもベスト!というわけで予約を変更し、日曜に神戸に行って来ます。

広告を非表示にする