読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

D5 バイオプシー出来ないという事

・Day 5.
・ソフィアA  1錠
・ノアルテン 1錠
着床前診断するためには、胚盤胞のグレードが5、6にならないとなのだが、私の受精卵は今回はそこまで成長しなかった。AHAしているのに殻から出てこないというのは卵の力がないのだろうか?院長のBBSを検索していたらちょうど「バイオプシー出来ませんでしたと言われましたがどういう状態でしょうか?」という質問があった。
院長の回答は
>>①胚盤胞の1-5までの数字は胚盤胞の大きさを表しています。1-5まで達せずに途中で止まってしまうような胚盤胞はその時点で死んでしまったものと考えられます。
②私どもでは着床前診断に際して前もって透明帯に穴を開けておくアシストハッチングを実施していますので胚盤胞自体が元気であれば必ずグレード5以上の大きさになってくれます、逆に1,2,3,4で止まってしまうということは胚盤胞が元気がなくて発育が止まってしまったということで妊娠の可能性はありません。
③発育が止まってしまった胚盤胞を凍結しても妊娠の可能性は考えにくいと思います。むろん着床前診断を考えられないのであれば3,4くらいで一般的に凍結保存しておりますが着床前診断をされる場合には5すなわち透明帯にあけた穴から胎盤になるべきものが出てきてくれた状態でバイオプシーをして凍結させて頂いております。<<
とのこと。うーん、やはり元気が足りないのか。こうなったらせっかく複数胚盤胞が出来ているんだから着床前診断は受けないで、胚盤胞凍結して片っ端から移植しようかという考えも頭をかすめる。だけどね、ほとんどが染色体異常だから無駄というのもわかってはいるんだ。どうしたものか。
そこで2回目の着床診断に3個出せた時はどんなことをしていたのかブログを振り返ってみた。すると、少しの間だけど懸賞で当たった馬のプラセンタを誘発時に飲んでいたのを思い出した。東京の先生も神戸の院長もプラセンタに効果は期待出来ないような事を言っていたけど、崖っぷちまで来ているので藁にもすがりたい気持ちになっているため、馬プラセンタをネットで注文してしまった。それと金額が高い為に在庫がなくなっても注文を躊躇していたマルチビタミンも注文した。ウムリンもちゃんと飲もう。DHEAもちょっと飲んでおこう。もう後がないなら心残りが無いようにやるしかないよね。他に何かやっておくことないかな?