不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

D10 血腫の事を聞く

・Day 10.
・ゴナールF+低容量hcg
・ガニレスト
カバサール錠0.25mg(1/w)
仕事半休でスカイマークで神戸へ。なんだかこの日は飛行機が混んでいた。
クリニックの予約は17:30で待合室は空いていた。とはいっても今日は採血して40分後に結果が出てからの診察。結果待ちしていると18時を過ぎてからどんどん人が増えてきた。やはり仕事帰りの時間は混むんだね。18:30近くに診察に呼ばれホルモン値はOK、今日から注射がゴナールFとhcgになり、ガニレストが追加。
エコー中に院長に前回気になっていた卵巣の血腫?のことを質問。
Q 血腫があるようですが、このままで平気でしょうか?
A チョコレートじゃなければそのうち消えるので平気です
Q 片側の卵巣の半分くらいが血腫に見えるのですが、血腫がある卵巣側はその分育つ卵胞が減っているのでしょうか?
A 画像で見る分には卵胞はそんなに少なくないです
というわけでひとまず安心かな。
今日から採卵が決まるまで神戸泊する予定で、採卵決まるまでは毎日診察なのかと思っていたけど次は明後日だって。明後日に採卵日が決まってくれると日曜に東京に戻れるから都合がいいんだけどな、どうだろうか。

夫も今日は診察で「声は無くなるようです」とメールが来た。CTでは喉の腫れて潰瘍になっている部分が広範囲らしく、それがガンならば全摘でつんくさんと同じ手術なんじゃないかとのこと。ガンかどうかの組織の検査では潰瘍部分がひどくて不明だったらしく、また今日組織を採ったので再検査らしい。ガンじゃないといいのに。でもガンじゃないのにひどい潰瘍なんてあり得ないのかな。喉の手術で全摘すると腕の神経にも影響があるようで、そうなると夫の本業は絶望的なことになってしまう。声が出なければ副業の方も出来なくなるだろうし、仕事ができなくなったら仕事好きな夫の精神面も心配だ。どうにかならないのかな。
明日は診察がないので丸一日神戸観光しよう。まずは朝イチで願いが叶うという異人館のサタンの椅子に座って、夫のガンの事と不妊治療の事をお願いしよう、決めた。
今日のホテルはネットで素泊まり当日予約4500円。期待はしてなかったけど、かなりコンパクトで色々省略されているホテルだった。