不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

D8 神戸診察日 気になる卵巣

・Day 8.
・テイゾー300
神戸の診察日なので仕事は半休でスカイマークで神戸へ。17:30の予約で17:35分くらいに受付出来て、10分くらいで呼ばれた。特に何も言われず、次の診察は2日後で最初に採血をするようだ。昨日の夫の採精結果をもらった。数値はやはり良く無いけど3本凍結出来たみたい。相変わらずの顕微必須の数値。
注射は今日から種類が変わるのかと思ってたけど変わらずテイゾーのまま。持ち帰りも同じ。ガニレストはまだ無し。
会計して時計を見たら1時間かからずに病院を出られていてびっくり。この時間帯は空いているのかな?
診察の後にもらったエコー写真を見ていたら、どうも卵巣に前回の採卵の出血部分がまだ残っているみたいに見える。卵巣の半分が黒い影のような塊になってて、そうでない残りの半分の部分に卵胞が出来てる感じ。これはこのままで平気なのだろうか?残りの半分の部分にしか卵胞が出来ないと今度の採卵では卵胞が減ってしまってもったいないと思うのだけど。院長は何もそこに触れてくれなかったのであまり深刻な事ではないのかな?気になるので次回はそこを聞いてみよう。

帰りの飛行機では神戸の夜景が見えてとても綺麗だった。夜の飛行機はいいね。今日は行きも帰りも中央より少し前の同じ座席にしたのだけど、そのおかげなのか気持ち悪くならなかった。これからは座席は真ん中より少し前に決めた。

夫のCTも無事に終わったそうで良かった。