読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

胚盤胞凍結延長と抗セントロメア検査

・Day 15.

プラノバールバファリン

東京のクリニックに行って、残っていた胚盤胞の凍結半年延長の紙を受け取り代金支払いをした。それとこの前から気になっていた事「抗セントロメア抗体の検査&数値が高かった場合下げることで卵子の質の改善が期待出来るのでは?」ということも聞いてみた。抗セントロメア抗体って言ったら、先生が「出たーっ!抗セントロメア」とちょっと興奮されてびっくり。どうも他の患者さんからもセントロメアの話題が出てたみたい。多核授精の場合抗セントロメア抗体が高い事があるそうで、ステロイドを内服したりするようだけどその場合も効果があるかどうかも疑問らしい。確かに私が目にした記事でも、ステロイドが効果がない場合もあるって書いてあった。先生は「やりたいならいいいよ調べるよ」くらいの感触で、あまり意味ないとお考えのよう。検査は自費で可能ということなのでお願いした。まぁこれも無駄なあがきの1つかもしれないけど、治療への心残りが無いようにしておくことが大事だよね。また来週結果を聞く&延長用紙の提出で行く予定。

病院からの帰りの電車内で、気持ちが悪くなって倒れそうになった。気持ち悪さと急な汗、一体なんだったんだろう?採血で貧血だったのかな?