不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

甲状腺の病院からの電話

・Day 14.

プラノバールバファリン

甲状腺の病院に電話するのを忘れていたら、あちらからの不在着信があって慌ててかけ直した。バセドウが悪化していて薬増量なんだろうと思っていたら、逆で数値が良くなっていたので減薬ということでびっくり。これはいい知らせ。せっかくの機会なので、気になっていた抗核抗体の検査をした方がいいか先生に質問してみた。「バセドウで陽性になることもあるけれど、不妊の検査でしてるんじゃないの?抗リン脂質抗体も流産に関係あるけど。でも治療でステロイドとかになっちゃうから」と言われた。今まで私はそれらは検査していないのでやはり気になる。甲状腺の病院でも検査はしてくれるそうだけど、次の予約は来年だし、今度婦人科で検査の事を話してみよう。

今月で東京のクリニックの凍結胚盤胞が半年経ってしまうため、延長申請をしなくてはならない。半年毎の更新ってあっという間だな。うっかり忘れそうで心配だ。