読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

甲状腺の病院から電話

・Day 12.

プラノバールバファリン

甲状腺の病院から留守電が入っていた。「この前の検査結果でお知らせしたい事があります」とのこと、多分採卵前のhcg10000単位の注射の影響でバセドウの数値が悪化したんじゃないかな?明日は先生が不在なので、明後日病院にかけ直し予定。でもこれは想定内。はたしてどれくらい悪化したんだろう?注射の影響ならば一過性だし、身体から一週間くらいで抜けたのならばすぐに回復するんじゃないだろうかと素人の勝手な予想をしている。誘発に影響がなければいいな。今後はもうhcgの10000単位はやめておこう。hcgを増やしても、あまり採卵に効果が出たようには思えなかったし、それならばスプレキュアでもいいような気がする。ただスプレキュアも甲状腺に影響があるはずなので、一体どっちの方がマシなんだろう?