不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

神戸の初診

神戸のクリニック、立派な建物で快適でした。

 院長はソフトな口調で淡々と説明をしてくださり、やはり44才だと検査をする胚盤胞自体を得難い、検査しても正常なものがない可能性が高いとのことでした。もちろん承知のうえなので、カウンセリングを受けて、生理が来たら、誘発開始です。

 しかし、ここで予想外な事に、カウンセリングが平日でも1ヶ月以上先まで埋まっていたのです。困ったな、採卵がまた先に延びてしまう‥と思い、ダメもとでキャンセルがないか調べてもらったら、なんと翌々日のキャンセルが見つかり滑り込めました。

本当に帰る直前でギリギリのタイミングでした。精子凍結も予約し、これなら予定通りに行きそうです。

 夫には明日の夜から来てもらう事になりました。私は当初、明日帰るはずでしたが、一泊延ばすことにしました。明日のチケットは、安いホテルパックなので新幹線の変更ができず無駄になってしまい勿体無いですが、仕方ないですね。かわりにチケットショップで回数券を買うことにします。

 

 

 

広告を非表示にする