不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

その後急展開 神戸に行く?

ちょっと間があいてしまいましたが

その間に、採卵、胚盤胞移植をしました。

でも妊娠はダメでした。

後で詳しく書くかもしれません。

 

とりあえず、簡単に結果の報告です。

期待の初のピルアンタゴニスト周期で採卵し

15個採卵で成熟卵が6、未熟Gvが6、未熟M1が2、変成卵が1

その後成熟したものも含め顕微8

受精4

胚盤胞2(4AB、4BB)

凍結し、翌月4ABを移植

判定日に陰性

 

という結果でした。

 

 

良い胚盤胞だったので期待していたのですが

これが44才の現実なんですね。

 

もう1つを移植と思っていたら先生から

 

「あなたはPCO気味で誘発すれば年齢にしては卵が取れるから

妊娠のチャンスがまだあると思う。

けれど、年齢的にとれた卵の正常率はかなり低い。

残された時間で勝負をかけるなら、誘発はこちらで協力出来るので

神戸のクリニックで採卵と着床前診断を受けてみたら?」とのお話が。

 

まさかそんな提案をされるとは思っていなかったのでびっくり。

確かに神戸のクリニックでそれを受けられたらベストだけど

仕事をしながら東京から神戸に通うなんて、無理だと思ってました。

でも、実際先生の所から神戸のクリニックに通っている患者さんがいるそうで

それを聞いたら、私も可能かもと思えてきました。

 

今の私の治療は、かなり当たる確立が少ないorもしかしたら当たりが入ってないクジを

残り少ない時間とお金をかけて1つずつ 引くしかない状態です。

でも、神戸のクリニックで着床前診断を受けられれば

そのクジに当たりが入っているかどうかは知る事が出来ます。

何より、再度の染色体異常の流産や胎児死亡は防げるはず。

もう残り時間はわずか、こうなったら今出来るベストを尽くしたい。

最善の治療で結果が出せなければ、後悔も少なくできるかもしれない。

費用は高額で経済的に厳しいけれど…

 

それにしても「協力するから神戸に行ったら」

なんて仰ってくださる先生にもびっくりしました。

本当に私が妊娠する為のベストの方法を考えて下さっているのだと思います。

そんな先生に出会えて良かったな。

やってみよう。

 

神戸のクリニックのHPを見ると、初診を受け、夫婦でカウンセリングを受け、

その後生理3日目から治療開始のようです。

早速初診の予約を取りました。

来週、神戸に行って来ます。