不妊治療の記録 (現在46才)

41歳からの不妊治療の記録 (現在46才)。個人的な治療記録。

体外3周期目 D14 分割確認

今日は13:00にクリニックへ分割確認の電話。

 

やっぱりお話中だったり、呼び出しっぱなしだったりで

培養士さんも忙しそう。

 

今日は女性の培養士さんだった。

受精卵2つは、今朝4分割までいったそうで一安心。

2月のときは、採卵二日後の移植時に7分割していて先生が

「早いなぁ」と言っていた。

早すぎるのも良く無いのかもしれないと気になっていたけど

着床しなかったので、スピードが早すぎるのも良く無いのかなと思った。

 

今回は早すぎというわけでもなさそうなので

その点は少し安心。

このまま培養を続けて、胚盤胞になり次第凍結の予定。

 

そして未成熟卵2つの方は、残念ながら成熟までいかなかったそう。

やはり未成熟卵の成熟は今回もダメだった。

最初から成熟卵子を採れるようにしていかないとだなぁ。

 

という訳で、次にクリニックに電話するのは

3/14の12:00になりました。

どうか無事に胚盤胞まで育ってくれますように。

 

胚盤胞の移植の事について、ドクターに頂いた本を読み返しました。

(クリニックにかかった初日に、ドクターの著書をプレゼントされる)

胚盤胞移植の場合、その周期での移植よりも

凍結して次以降の移植の方が妊娠率が高いということらしい。

理由としては、誘発剤やホルモンの急激な変化により着床に影響があるらしいから。

採卵した周期は移植せず、体調を整えて次周期に移植するようになっているみたい。

まぁ今回は採卵時に無麻酔で8回も吸引したので

私自身、身体に負担がかかったのを感じていたのでそれでいいのかな。

 

採卵後の腹痛の方は、どんより重痛いような気がするくらいになってきました。

昨日今日は気持ちがくじけてきていたのもあり

採卵までの節制を解除してお腹いっぱい食べたり、袋ラーメン食べたりしてました。

コーヒーもデカフェじゃないコーヒーを飲んだりね。

 

明日からはまた身体に気を使った生活にします。